スポンサーリンク

【羅東】「羅東城惶廟」赤い提灯が印象的

2020年2月15日羅東, 宜蘭

今回は、羅東夜市近くにある廟の紹介です。「羅東城惶廟」という廟になるのですが、1816年に建設された歴史ある廟です。天井の上にある大量の提灯が非常に綺麗です。

廟名前:羅東城惶廟(慈德寺)

住所:宜蘭縣羅東鎮中正路128號

主神:城隍爺

Facebook:https://www.facebook.com/LotungChengHuang/

1815年創立、日本統治時代に主神が観音菩薩となり、慈徳寺となりました。1993年羅東城惶廟が 正式の名前となる。

地図:

廟の場所は、民生東路から中正路へ左折すると、すぐに左側に廟があるのがわかります。羅東夜市に非常に近いですので、この辺りを通ることもあると思います。通りかかった際には、必ず立ち止まってしまうほどの赤い提灯が大量にあります。

廟内に入ると、上方に大量の赤い提灯と正面の正殿の金色が非常に綺麗です。

赤一色で非常にきれいです。 これだけの赤い提灯があると圧倒されてしまいます。

赤い提灯の下を歩いて、正殿前の香炉には城惶廟と大きく書かれています。

こちらが正殿の主神 城隍爺です。廟自体はそれほど大きくなく、赤い提灯のほうに印象が残ります。

昼間に来ても赤い提灯に心惹かれますが、さらに夜に来ると赤色が際立ちます。

赤さが際立っています。

廟の建物自体よりも、赤い提灯がつるされている面積の方が多そうです。

羅東に来たときには、必ず羅東夜市に行く人が多いと思います。夜市に近い廟ですので、ぜひ立ち寄ってみてください。赤い提灯が美しい羅東の廟です。

0

クリックお願いします。