スポンサーリンク

【台北】「黑岩古早味黑砂糖剉冰」人気の黒糖練乳が美味い

中山区, 台北, スイーツ・かき氷

 夏になると、台湾旅行の楽しみとして、マンゴーかき氷がありますが、店によって味付けが全然違います。氷の種類、味付け、そして生のマンゴーか冷凍のマンゴーか、奥が深いです。
 今回は行天宮駅近くの黒糖練乳マンゴーかき氷で有名な黑岩古早味黑砂糖剉冰です。どんなかき氷か紹介したいと思います。

店名:黑岩古早味黑砂糖剉冰

住所:台北市中山區錦州街195號

営業時間:11:00-23:00

日本語対応:不可

facebook:https://www.facebook.com/pages/黑岩古早味黑砂糖剉冰錦州店/237285489708322

地図:

場所は、MRT行天宮4番出口を出ます。

錦州街を歩いていきます。

左手前に赤い看板の松江市場が見えてきますが、さらに直進します。

松江市場を通り過ぎたところで、右側に濃紺の看板が見えてきます。濃紺地に白文字で店名が書かれています。黒岩のところには、ひらがなでルビが付けられています。

店頭には、マンゴーかき氷の看板がありました。

店頭には、トッピングアイテムが並んでいます。日本人だとどうしてもマンゴーかき氷を食べがちですが、現地の人は、かき氷でも体によさそうなトッピングアイテムを選んで食べている人が多いですね。

注文は、入口に入ってすぐの場所で口頭で伝える形です。こちらで注文、お金を払って店内に入り、席に座って待つ形です。

店内はテーブル席とカウンター席があります。こちらはテーブル席です。

こちらはカウンター席です。私はいつもこちらの席です。

カウンター席には、お店が取り上げられている雑誌のページが貼ってあります。

こちらは渡辺直美の記事ですね。

カウンター席で待っていると、やってきました。芒果牛奶冰120元です。黒糖氷の上に練乳がかかっています。

見た感じはマンゴーはどこ?という感じなのですが、中にいっぱいマンゴーの果実があります。

マンゴーは屏東産の生のマンゴーを使用しています。そのため、季節限定になります。

氷は黒糖のガリガリ氷です。ただそれほど粗くはありません。

次に同じマンゴーかき氷でも種類の違うものです。芒果雪花冰です。氷はミルク氷でフワフワ、かき氷の周りにはマンゴーが並べられています。そして過去氷の上には濃厚なマンゴーソースです。またオレオのクッキーも添えられています。

横から見ると芸術的に高く盛り付けられていますね。

かき氷の氷部分は真っ白でフワフワです。

マンゴーかき氷は季節限定ですが、季節外はなにがあるか?八宝冰があります。8種類のトッピングアイテムを選んだかき氷です。店頭にトッピングアイテムがありますので、手差しでアイテムを選んでみましょう。

具材は、 牛奶冰同様、かき氷の中に入っています。氷は黒糖のかき氷です。

台北には、マンゴーかき氷店が多いですが、日本人旅行者の中でも人気が上がってきているお店です。行天宮に行って汗をかいたら絶対に行ってみてくださいね。

0

クリックお願いします。