スポンサーリンク

【台北】「常青餃子館」焼き餃子が味わえる

2019年12月19日中山区, 小籠包, 台北

今回は、台北で迫力のある焼き餃子味わえるお店の紹介です。1958年創業の歴史のある餃子店である「常青餃子館」というお店ですが、焼き餃子と水餃子両方味わえる店です。
 焼き餃子は、台湾で鍋貼と呼ばれますが、こちらの店の焼き餃子は、本当に鍋に貼り付けた状態で焼いたものそのものです。ただ、1皿20個ですので、一人で行った場合は、食べきれないのがネックです。

店名:常青餃子館

住所:台北市中山区中山北路二段183巷1之4號
    MRT民權西路駅9番出口 or MRT中山國小駅1番出口徒歩約7分

営業時間:11:00-14:00 / 17:00-20:30
定休日:第二及び第四日曜日

FACEBOOK:https://ja-jp.facebook.com/dumpling1958/

地図:

店の場所はは、中山國小駅と民権西路の中間地点のホテルサンルートから奥に入った中山北路二段183巷という細い道路沿いにあります。

s_DSC00143常青

店舗内装。店は、古いですが、店内清掃はきちっとしており清潔感があります。綺麗さにびっくりするくらいです。壁には、画が飾ってあります。

s_DSC00147常青

調味料。自分で調整する形です。瓶に入った赤いものは、それほど辛くありません。

s_DSC00144常青

1958年に創立されて、5千万個の餃子を販売!!さすが、歴史のある店です。

s_DSC00145常青

水餃子。肉肉しい。肉感がすごい!!皮はぷりぷりです。

s_DSC00149常青

酸辣湯。酸辣湯の酸は、普通、酢の酸っぱさですが、こちらの酸っぱさは、トマトの酸味が聞いた味です。野菜の酸っぱさであるため、自然な味がします。

s_DSC00150常青

空心菜

s_DSC00151常青

炒飯

s_DSC00152常青

地元のお客さんが多く、ほっとした雰囲気のお店です。最近こちらの店のおばちゃんが片言の日本語を話すようになりました。焼き餃子、水餃子を両方やっている店では、メジャーですので、台北に行った際は、一度寄ってみて、焼き餃子を食べてみてください!!

クリックお願いします。