スポンサーリンク

【台北】「太源粥品」朝食にお勧めの台北粥

台北, 炒飯・庶民食

 今回はMRT桃園線台北駅に近い場所にあるお粥のおいしいお店の紹介です。台湾には朝食専門のお店が一杯あります。それだけ競争が激しいわけですが、その分、美味しいお店が多いということでもあります。そして種類も豊富にあります。台湾に行くと何を食べようかから始まり、そして店選びと旅行者にとっては、迷うことが多いと思います。今回は、そんな台湾朝食事情の中から、お粥のお勧めのお店を紹介していきたいと思います。

太源粥品基本情報

店名:太源粥品

住所:台北市大同區太原路48巷8號

営業時間:8:00-15:00

Facebook:https://www.facebook.com/gruel0225551000/

地図:

太源粥品のお粥メニュー

海鮮類粥メニュー

・廣東粥 (具材:エビ、イカ、豚の肝)              70元
・吻魚粥 (具材:しらす、豚ひき肉、野菜)            70元
・海鮮粥 (具材:イカ、エビ、かき、台湾鯛、セロリ、千切り生姜) 85元
・鮮蚵粥 (具材:かき、千切り生姜、野菜)            85元
・魚片粥 (具材:台湾鯛、千切り生姜、野菜)           75元
・透抽粥 (具材:イカ、千切り生姜、野菜)            75元

鮮肉類メニュー

・猪肚鶏粥 (具材:豚バラ、鶏肉、青野菜、クコの実、なつめ、漢方) 100元
・皮蛋痩肉粥 (具材:皮蛋、豚にひき肉)               60元
・痩肉粥 (具材:豚ひき肉)                     55元
・牛肉粥 (具材:牛肉、野菜、千切り生姜)              75元
・香菇鶏肉粥 (具材:椎茸、鶏モモ肉、野菜)             70元

蔬菜類粥メニュー

・養生粥 (具材:山芋、クコ、干し棗、トウキ、野菜) 75元
・菇菇粥 (具材:季節の山の幸、野菜)        70元
・青菜粥 (具材:季節の野菜)            70元

訪問記(食記)

お店の場所は、MRT桃園線台北駅4番出口を出て、重慶北路一段を北に向かって歩きます。細い通りの重慶北路一段49巷を右折します。この通りはお店が多いですが、エンジ色の看板が目印です。駅からは徒歩で約5分強の場所にあります。

店頭には、メニュー表があります。店名は粥店ですが、粥、麺、飯から選べます。

こちらが店の入り口の部分になります。こちらで記入式の注文票が置いてありますので、取って席に座りましょう。

こちらが、粥類のメニュー表です。粥の品数は多いですね。麺も選べることが出来ます。日本語も併記されていますので、日本人でもわかりやすいですね。

粥以外のメニューですが、鍋焼きうどんもあります。鍋焼きうどんだけでも種類は豊富にあります。

お粥店ですが、カレーもあります。ライスとうどん2種類です。メニュー表にあるカレーの写真を見ると日本のカレーと同じような感じですね。

注文票に記入した後、店員さんに渡し、店内の様子を見てみます。間口が広く横に長い店舗の造りとなっています。店内は綺麗です。

今回注文したのは海鮮粥85元です。量は多めで、紙の器での提供になります。外帯もできるようです。 

海鮮粥の具材は イカ、エビ、かき、台湾鯛、セロリ、千切り生姜、そして卵が入っています。味は、薄目の味付けで朝に食べるのに合っていますね。具はそれぞれ大き目で、千切り生姜がアクセントになっています。

MRT桃園線台北駅から徒歩5分以内の場所にありますので、桃園空港を利用される人は、台湾最後の朝に太源粥品でお粥を食べて帰国するのもいいと思います。お店の方の雰囲気も良いですので、台湾最後の思い出に行ってみてください。

クリックお願いします。