スポンサーリンク

【台南】「康楽街牛肉湯」スープも美味い牛肉湯

2020年2月16日台南, 牛肉湯

台南でしか味わえない台南名物の牛肉湯。台南には牛肉湯のお店が多いですが、基本的にはどの店で食べても美味しいのが私の感想です。いつもどこで食べるか迷ってしまいます。今回紹介するお店は、康楽街沿いにある康楽街牛肉湯というお店の紹介です。

店名:康楽街牛肉湯

住所:台南市中西區康樂街325號

営業時間:4:30-23:00

地図:

民族路三段を歩き、康楽街への入り口付近に康楽街牛肉湯の看板が出ています。民族路三段を歩いているときには左手にある看板を注意してください。

康楽街から50mほど歩くとお店があります。右側に黄色地の赤字で店名が書かれた看板が出ていますのですぐにわかると思います。

黄色い看板のところで牛肉湯の調理場になります。入口は右側にあり、店内で食べる形になります。

こちらが、調理場で牛肉を切っているところです。赤身の牛肉が使われています。

秤の上に生の牛肉があります。牛生肉で量が多いですね。生肉を器に移し、そこに熱いスープを注ぐところです。

店内はそれほど広くはありません。収容人数はおよそ10人くらいかと思います。

こちらが店内のメニュー表になります。牛肉湯は大と小の2サイズになります。牛肉湯以外にも炒青菜、肉燥飯があります。

牛肉湯160元です。肉の量が非常に多いです。またスープの色が濃いですね。出てきた瞬間はまだ牛肉が赤い状態ですので、スープ自体は事前に煮込まれているものかもしれませんね。

スープに肉のうま味が非常に出ています。濃い味です。

たれ、刻み生姜とともに食べますが、肉の量が多いのでうれしいです。噛めば噛むほどに肉のうま味を感じることができます。

牛肉燥飯30元で肉の量が多く食べごたえがあります。味は、少し香草の風味があり、濃いめの味付けです。少し甘めです。

炒青菜30元。 通常の炒空菜と違い、茎の部分が少し細目です。

牛肉の量が多く、牛肉の本来の味をスープで味わえる店です。営業時間は朝4:30から23:00までと旅行者にとって利用しやすいお店だと思います。

0

クリックお願いします。