スポンサーリンク

【高雄】「武廟八寶冰」黒糖と八寶の具材がおいしい

スイーツ・かき氷, 高雄

 今回は高雄の高雄関帝廟(武廟)に行った時に、武廟路を歩いていて偶然見つけたスイーツお店の紹介です。高雄MRT五塊厝駅を降り、関帝廟に行く途中の武廟路は、門前町ということもあり、通りには多くのお店が並んでいます。今回のお店は、ほとんど日本人客はいないようなお店ですが、お店に入りやすく、くつろげるお店ですので、紹介していきたいと思います。

武廟八寶冰基本情報

店名:武廟八寶冰

住所:高雄市苓雅區武廟路103-2號

営業時間:11:30-22:30

Facebook:https://www.facebook.com/武廟八寶冰-1831250970443173/

日本語対応:不可

注文の仕方:口頭

地図:

グーグルストリートビュー

武廟八寶冰への行き方

高雄MRT五塊厝駅下車、5番出口を出て福徳二路を北に歩き、ひとつめの通りの建民路を右折します。建民路からひとつ目の通りの武廟路101巷を左折します。10m位歩くと武廟路に出ますので左折して、上を見上げると、黄色い看板で武廟八寶冰と書かれた看板があります。手前には果物店があります。

武廟八寶冰訪問記(食記)

こちらが店舗の正面になります。間口は狭いですね。この通りは武廟(関帝廟)へ続く通り沿いのためお店が非常に多いです。

店舗の2階、3階部には大きな看板があります。遠くからでもすぐにわかります。

店頭にはトッピングアイテムが並んでいます。今回は八寶冰を注文することにしましたので、こちらのトッピングアイテムから手差しで選んでいきます。

注文後、店内に入って席に座ります。店内を見てみると、奥行きのある造りになっています。奥にテレビが配置されています。

座ってしばらくすると、来ました。八寶冰は、写真を撮るときは、かき氷の上に黒糖蜜がかかっている見かけなので、なかなか、写真映えしませんね。氷はガリガリのタイプですが、器の上にはふわーっと削られた氷がのっています。

上のかき氷を食べ進めていくと、出てきました。仙草ゼリーです。黒糖の甘さと仙草のゼリー感が非常にいいですね。

さらに食べ進めていくと、湯圓、芋頭、緑豆が出てきます。なかの具材が8種類入っていて、それぞれの食感、味の違いに飽きがこないですね。マンゴーの季節以外でしたら、八寶冰は非常にいいですね。

高雄関帝廟については、改めて紹介したいと思いますが、立派な廟ですので、高雄に来たときには行って欲しい場所です。その際には、武廟路に並ぶお店も見ていただきたいですし、機会があれば「武廟八寶冰」にも八寶冰を食べてほしいですね。

クリックお願いします。