スポンサーリンク

【台北】「冰讃」日本人NO.1のかき氷店

大同区, スイーツ・かき氷, 台北

 台湾といえば、マンゴーかき氷という人も多いですが、実際台湾に行ってみると本格的なマンゴーかき氷を食べれる店がいっぱいあります。その中でも、日本人に人気の台北にある「冰讃」を紹介したいと思います。
 私も、16年から毎年行っているわけで、16年~19年の訪問記も紹介させていただきます。

冰讃の店舗基本情報

店名:冰讃

住所:台北市大同区雙連街2号

営業時間:11:00-22:30

営業日:4月中旬ー10月末頃

注文の仕方:写真での指差し注文

地図:

冰讃への行き方

MRT雙連駅2番出口を出ます。

s_DSC00683.jpg

右手の歩道側を歩いていきます。

s_DSC00684.jpg

歩道を歩いていくと、セブンイレブンが右手に見えてきますので、右折をすると店が見えてきます。

s_DSC00685.jpg

こちらが店の正面です。時間帯によっては、長蛇の列であることもあります。

s_DSC00609.jpg

19年冰讃訪問記

今年もマンゴーの季節が始まりました。4月になると季節限定でマンゴーかき氷を提供している店にもマンゴーかき氷の提供が始まります。台北のマンゴーかき氷と言えば、台湾によく行く日本人旅行者の間では、「冰讃」の名前が必ずあがってきます。
 今回、GWに行きましたので、冰讃の状況を記事にまとめました。
 GW10連休の中、21:00前に行ってみると、行列ができていました。例年でしたら、この時間帯に行くと待たずに店内に入れることが多いのですが、さすが10連休です。しばらく、周辺を散歩しながら約30分後に店舗に戻ってきます。

s_DSC_0152冰讃

店内のメニュー表です。マンゴーかき氷関連は、去年より10元値上げとなっています。芒果雪花冰は160元です。値上げとなっても台北の他の店よりはまだ安いですね。

s_DSC_0153冰讃

芒果雪花冰です。ミルク味のフワフワの氷と甘いマンゴーがマッチして美味いです。フワフワなので腹にたまりません。これこそが食事の後の別腹スイーツです。

s_DSC_0154冰讃

上部からの写真ですが、オレンジ色が輝いてますね。

s_DSC_0155冰讃

今年も日本人の人気が継続しそうです。店内も日本人旅行者が非常に多かったです。

18年冰讃訪問記

 もう「冰讃」は台湾旅行者の中では、マンゴーかき氷のメジャー店になってしまいました。日本が休みとなると、長蛇の列です。私とマンゴーかき氷の出会いは、この「冰讃」です。もともと、酸っぱいものが嫌いな私は、マンゴーを避けてました。数年前、この店に出会って、マンゴーって美味いんだ。そしてマンゴー自体も甘いんだって気づいてしい、それ以降、各地のマンゴーかき氷を食べるようになりました。私にとって特別なお店です。

シーズン期の昼間は、お客さんが多く並ぶ可能性があるので、夜のほうがお勧めです。昼と夜の店頭。

s_DSC_0020冰讃

比較的20:30頃が空いているような感じです。

s_DSC_0021冰讃
s_DSC_0073冰讃

店内。メニュー&価格表。一番人気の芒果雪花冰は、150元。ここ2年は、値段据え置きです。これだけの人気店でも、良心的な価格設定がうれしいですね。

s_IMG_4072冰讃
s_DSC_0074冰讃

芒果雪花冰。切りたてのマンゴーがのってます。冰はミルク味で、口に入れた瞬間、すーと消えていきます。すごい軽い感じです。

s_IMG_4073冰讃

マンゴーの上にマンゴーソースと練乳がかかってます。

s_IMG_4075冰讃

マンゴーとスイカのかき氷

s_DSC_0085冰讃

18年も別格のマンゴーかき氷でした!!

17年冰讃訪問記

 4月になると一番気になるのが、マンゴー。特に台北での人気店の「冰讃」は、期間限定(4月~10月頃)までの営業なので気になってきます。ちょうど4月中旬に台北に行きましたので、内容を報告します。

 4月14日に行ってみました。店頭は少し並んでいたようでしたが、営業してました。

s_IMG_3023.jpg

店頭の貼り紙を見ると、4月14日、15日は、営業開始前の限定オープンでした。本当にラッキーでした。正式オープンは、4月27日~。翌日行ったときには、4月22日営業開始と繰り上げスタートになってました。

s_IMG_3024.jpg
s_IMG_3112.jpg

店に入ると屏東産のマンゴーの箱が置いてありました。枋寮は、屏東のマンゴー産地ですね。

s_IMG_3029.jpg
s_IMG_3030.jpg

価格は? マンゴー関連のものは、全部値上がりしてました。台風の影響で今年もマンゴーが不作だったようなので仕方ありません・・・。芒果牛奶冰 100元 → 130元、 芒果雪花冰 120元 → 150元

s_IMG_3025.jpg

店内の様子は、去年と変わりなしです。

s_IMG_30281.jpg

番号札は、去年と札と違って、機械になってしまってました。できると、音が鳴り振動するタイプです。自分で配膳場所まで取りに行きます。

s_IMG_3031.jpg

芒果雪花冰。いつもながらフワフワのミルク氷がおいしいです。

s_IMG_3032.jpg
s_IMG_3034.jpg
s_IMG_3033.jpg

2日目(15日)に行ったとき、雪花冰が売り切れたため、芒果牛奶冰を注文。フワフワの氷タイプではないですが、こちらも美味しいです。マンゴーそのものの味を楽しみたい人はこちらもお勧めですね。

s_DSC_0207.jpg

16年冰讃訪問記

 私がNO.1だと思うマンゴーかき氷店が台北にあります。冰讃(ピンサン)という店になります。期間限定の開店で(例年だと4月~10月まで)マンゴーが旬な時期のみの営業です。期間限定というのは、マンゴーが冷凍ではなく生で出されるためです。注文を受けてから、その場でマンゴーを切って、かき氷を作るというスタイルです。ほんまに美味いです。私が、台北に行った際には、一日に何度も行ってしまいます。はまってます。

こちらが店舗になります。開放感のある店で、外で食べる場所もあります。でも暑い夏だと中で食べるのがよいかもしれません。

s_DSC00609.jpg

こちらが夜の店舗になります。

s_DSC00383.jpg
s_DSC00398.jpg

こちらが店内です。

s_DSC00604.jpg
s_DSC00603.jpg

お客さんは、地元の人もいますが、結構日本人も多いです。ほとんど日本人かなという感じです。

s_DSC00602.jpg

店内の壁に貼ってあるメニュー表。台北にある他の有名店より安いです。

s_DSC00672.jpg

注文をすると、番号札を渡されますので、席を確保して待ちます。しばらくすると「ななばーん」て日本語で呼ばれますので、皿を取りに行きます。食べ終わったらセルフでトレイの中に入れてね!!

s_DSC00605.jpg

スイカとマンゴー半々のかき氷です。ひとつで2つの味が楽しめます。スイカ好きの私にはぜいたくなメニューです。

s_DSC00382.jpg

芒果雪花冰。 マンゴーが甘い!!フワフワのミルクかき氷にマンゴー、その上にマンゴーソース、練乳がかかっています。

s_DSC00606.jpg

オレンジ色がきれいです。

s_DSC00608.jpg

かき氷部をアップしましたが、この形状見てください!!フワフワです。カンナで削ったような薄さ!!一杯食べても腹にたまらないし、何度も食べたくなります。

s_DSC00673.jpg

何度も行きたくなるお店ですね。

クリックお願いします。