スポンサーリンク

【台北】「綠豆蒜啥咪」大き目マンゴーがいっぱい

2019年11月19日中山区, スイーツ・かき氷, 台北

台北にはマンゴーかき氷が食べれる店が非常に多いです。色々なタイプなお店がありますが、今回紹介するお店は、マンゴーが大きめにカットされたマンゴーそのもの自体が味わえるお店の紹介になります。四平街近くの綠豆蒜啥咪というお店になります。

店名:綠豆蒜啥咪

住所:台北市中山區伊通街106巷6-1號

營業時間:月曜日~金曜日 12:00-20:30
     土曜日      13:00-19:30
     日曜日     休み

ホームページ:http://www.waahat.com.tw/service/index.aspx?shop=waahat

日本語対応:不可

注文の仕方:口頭or手差し

地図:

お店の場所は四平街の一本北側の通りの 伊通街沿いにあります。黄色い看板があります。看板の 綠豆蒜の上に恒春、車城という地名が書いてありますが、 綠豆蒜は、恒春老街でよくあるスイーツになります。

夜に来たときの店頭の様子です。外からでも中の様子がうかがえます。店頭には、大きなマスコットが2体あります。マンゴーの季節になると、昼間は行列ができていることもあります。ここ近年でかなりの人気店になりました。

お店に入ってみましょう。中には、人懐こい犬が出迎えてくれました。 近くに市立大同高中がありますので、時間帯によっては学生のお客さんも多いです。

店内のメニュー表です。店奥の場所にあります。こちらで注文をして、席を確保します。

そして同じ場所にトッピングアイテムがありますので、手差しで注文することができます。

注文後、番号表を渡され、席に座りしばらく待ちます。

店内を見回すと、なかなかお洒落な雰囲気があります。

注文してから少し時間がかかりましたが、現削愛文芒果果冰200元がきました。少し時間がかかるのは、店で注文後、切っているからです。新鮮なマンゴーが提供されます。 現削愛文芒果果冰は、夏季限定になります。

氷の周りに大きめにカットされたマンゴーがのっています。

氷の部分は、マンゴーの氷になります。真ん中の部分に黒糖が少しかかっています。氷は少な目ですので、マンゴーそのもの自体を楽しみたい人にはお勧めですね。

夏はマンゴーかき氷が楽しめます。夏季以外は、恒春・車城名物の綠豆蒜を頂きことができます。台北で綠豆蒜を食べられる店はあまりないと思います。私は以前、恒春で食べたことがありますが、気に入りましたので次回は、 綠豆蒜を注文してみたいですね。

クリックお願いします。