スポンサーリンク

【台北】「台北橋頭魯肉飯」延三夜市の絶品魯肉飯

2020年3月8日大同区, 台北, 魯肉飯

 台湾にはいろんな場所に夜市があり、旅行者にとって、夜市巡りは楽しみのひとつかと思います。特に台北は有名な夜市が多く、それぞれの多くの日本人旅行者は旅行雑誌に載っている有名店を中心に行く人が多いかと思います。今回は雑誌にはあまり載っていませんが、美味しいお店が多い延三観光夜市にある台北橋頭魯肉飯というお店を紹介していきます。

台北橋頭魯肉飯基本情報

店名:台北橋頭魯肉飯

住所:台北市大同區延平北路三段24號

営業時間:18:00-0:00

日本語対応:不可

注文の仕方:口頭

地図:

台北橋頭魯肉飯への行き方

最寄り駅は、MRT大橋頭(黄色い線の駅)になります。台北駅及び中山駅からは淡水信義線(赤い線)で民権西路駅まで行き、中和新蘆線(黄色の線)に乗り換え一つ目の駅の大橋頭駅で下車します。

大橋頭駅を降りると延三観光夜市専用の出口があります。案内板に従って歩いてください。

こちらが延三観光夜市専用の出口です。左後ろに見える高架は台北橋になります。皆さんもテレビで見たことがあるかもしれませんが、通勤中の大量のバイクが映し出される場所ですね。

台北橋頭魯肉飯の主なメニュー

 魯肉飯:25元
 四神湯:40元
 刈包 :40元
火空肉飯:50元
 魯蛋: 10元

訪問記(食記)

延三観光夜市専用の出口を出て北に歩いていきます。出口から約100m位行った場所に店はあります。歩道側からでは店がどこにあるかわかりませんので、通信会社の「大哥大」の看板が出てきたら道路側に出て店の看板を確認してください。看板の色は黄色です。延三観光夜市は道路を閉鎖する夜市ではないので、車の通りには気を付けてください。

こちらがお店です。露店の形で店は非常に小さいです。食べる場所は後ろ(歩道側)に3つのテーブルがあります。お客さんが並んでいることが多いですが、外帯(持ち帰り)の人が多いですので、並んで待ってください。自分の番になったときに、内用(店内)と伝えて注文をするとテーブルに案内されます。料金は後払いです。

こちらが魯肉飯と四神湯です。

魯肉飯25元。味は癖がなく、脂身があり、ねっとり感があります。日本人に合う味だと思います。このクオリティーで日本円換算で100円しないのは驚きです。

四神湯40元。四神湯とは台湾の薬膳スープで、疲労回復や食欲不振の改善など様々な効果があるようです。薬膳(漢方)なので独特の味かと思いきや、飲みやすいスープです。スープの色を見ると非常に煮込まれた感じがします。

スープの中の具材をスプーンですくうと、豚のモツハトムギが一杯です。豚のモツは食べ応えが非常にあります。またハトムギは新陳代謝を促進し、シミにも効果がありますので、女性にはお勧めですね。ハトムギの食感はプチプチ感があります。

筍絲25元。たけのこの炒め物です。日本でたけのこの料理を食べると高いですが、台湾だと安く頂けちゃいます。

台北橋頭魯肉飯は、夜市レベルの味を超えています。またお店の方も非常に低姿勢の良い方で、私は何度も言っています。延三観光夜市は、他にも色々なおいしい店がありますので、ぜひ行ってみてください。

クリックお願いします。