【台北】「鬚張魯肉飯寧夏本店」髭のおじさんの魯肉飯

2024年4月22日大同区,台北,魯肉飯

 台湾独自の食事といえば、まず最初に思い浮かぶのが「魯肉飯」という人が多いかもしれません。 魯肉飯を提供する店は多くありますが、店によって味はそれぞれです。お好みの味の店を見つけるのも楽しみかもしれませんが、台北市内だと店舗が多く安定的な味で食べれるチェーン店を紹介します。髭の看板でおなじみの「鬚張魯肉飯」です。台北に何回も行った人なら、看板を見た方も多いかもしれません。
 今回は、色々な店舗の中でも、寧夏夜市沿いにある本店を紹介したいと思います。

鬚張魯肉飯寧夏本店基本情報

店名:鬚張魯肉飯寧夏本店

住所:台北市大同区寧夏路62号

営業時間:11:00-1:30

ホームページ : http://www.fmsc.com.tw/jp/index.php

地図:

グーグルストリートビュー

鬚張魯肉飯のメニュー

 魯肉飯  35元
 鶏肉飯  35元
 水耕A菜 50元
 四神湯  65元
 貢丸湯  45元
 猪脚   85元
 その他

鬚張魯肉飯の歴史

1960年 民生西路双連派出所向かいの路上で双連魯肉飯を屋台で創業
  「ひげちょう」の店名の由来ですが、創業者張炎泉氏は忙しさで1日の平均睡眠時間が3~4時間しかなく、髭の手入れをする時間がなくお得意さんから「ひげちょう」というニックネームを付けたのが始まりでした。

1971年  民生西路双連の魯肉飯)の屋台から、円環近くの寧夏路64号前へと移転。

1979年  寧夏店を設立(現美食文化館)

鬚張魯肉飯訪問記(食記)

お店の場所は、寧夏夜市の店舗側に髭のおじさんの看板がありますので、こちらが目印となります。

夜市の中にあるとはおもえないくらいの綺麗さです。

それでは店の中に入ってみます。歴史感のあるテーブルと椅子の中、店内は、非常にきれいです。

こちらがメニューになります。台湾料理が全体的にリーズナブルに食べれます。注文は、注文票に記入する形になります。

安心鴨蛋18元。固めの茹で加減です。

魯肉飯35元、脂身は少なく、それほくどくない味ではないです。漬物がのっています。

魯肉飯に必須の煮卵をのせてみました。

貢丸湯、45元、こちらも台湾食で、薄味でホッとする味。肉団子がプリプリです。

 寧夏本店以外のお店のブログ(台北民権路店)はこちらです。

寧夏夜市は、有名夜市のひとつですので、夜市に行ったらぜひ、行ってみてください!!

クリックお願いします。