スポンサーリンク

【旅行記】「19年12月」年末の高雄の観光スポットと夜景を味わう

台湾旅行記

 19年末成田空港から高雄空港へ移動し、今回は高雄市内の観光スポットと夜の景色を見てきました。高雄は色々な顔がありますね。特に愛河周辺の夜は綺麗でした。
 それでは 年末に訪問した高雄の旅行記を紹介したいと思います。

利用航空便

行き
12月25日 ピーチ  成田空港 → 高雄国際空港
      18:50発、22:40着
帰り
12月31日 エバー航空  桃園空港 → 中部国際空港
      8:10発、11:45着

スケジュール

12月25日 成田空港から高雄国際空港着、高雄宿泊

12月26日 高雄散策、高雄泊

12月27日 高雄から台南に移動、台南泊

12月28日 台南から台中へ移動、台中泊

12月29日 台中から台北へ移動、板橋泊

12月30日 台北、中歴泊

12月31日 桃園空港から中部国際空港へ

*今回は26日の高雄市内と宿泊の旅行記です。

(前回までの旅行記)

初めてピーチを利用して、高雄へ移動した旅行記

訪問場所

按摩達人、前金肉燥飯、大碗公氷品、高雄港、打狗英国領事館、城市商旅高雄駁二館、高雄市内夜景、三鮮蒸餃‧鮮肉湯包(自強夜夜市)、有点氷kakigori、

高雄旅行記

高雄への移動翌日、金石大飯店(ゴールデンホテル)をチェックアウトしました。外に出ると非常に天気がよかったです。半袖でもいいような気温でした。

按摩達人

この日は最初に七賢二路沿いにある按摩達人に来ました。通りから大きな看板が見えます。看板には5つ星ならぬ、七つ星が書かれています。

今回は全身マッサージのみです。奥の部屋でマッサージです。すっきりしました。

按摩達人の詳細

按摩達人の詳細記事は以下から。

昼食を食べに店へ行く途中に50嵐で、波覇奶茶を買って、飲みながら店に向かいます。50嵐の波覇(タピオカ)のQQ感がすごく好きで、台湾では必ず買います。

50嵐の注文の仕方は以下から。

前金肉燥飯

昼食は市議会駅近くの前金肉燥飯へ来ました。いつ来てもお客さんが多い店です。

肉燥飯30元と鴨蛋包15元を注文です。ねっとり感があって、非常に美味しいです。北は魯肉飯、南は肉燥飯、違いは何なんだろうといつも疑問に思います。

もう一品、虱目魚肚湯100元を注文しました。サバヒーのスープです。サバヒーといえば台南のイメージですが、こちらの店のサバヒーは脂がのっていて、味が濃くかなりおいしかったです。

前金肉燥飯の詳細

前金肉燥飯の詳細は以下から。

高雄MRT西子灣駅を下車、捷興二街から高雄市内をみると高雄85楼を見ることで出来ます。この辺りは高い建物があまりなく、見晴らしがすごくいいですね。

濱海一路通りを歩いていると、歴史感のある建物があります。

近くに建物の説明が中文でありました。かなり歴史がありそうな雰囲気ですが、建築されたのが1948年5月で、戦後にできた建物です。現在は、「阿珠的店」というレストランが営業しています。

濱海二路沿いには、鼓山輪渡站というフェリー乗り場があります。こちらが船津へ乗り場になります。

大碗公氷品

これから打狗英國領事館に徒歩で行く予定ですが、その前に「大碗公氷品」に寄っていきます。

水果草苺牛奶冰75元を注文しました。この時期の台湾はやはり、苺のかき氷がいいですね。他にもドラゴンフルーツ、メロン、ばななが入っており、盛り沢山です。氷はガリガリのタイプです。

大碗公氷品の詳細

大碗公の詳細は以下から。

フェリー乗り場横の一號船渠景觀橋という橋を渡ります。

橋は非常に道幅が狭いです。

橋の上から見ると、近くに高雄港が見えます。ちょうどこの橋は高雄港からの入り組んだ運河にかかっている橋になっているようです。

高雄港

高雄MRT西子灣駅から歩いて、打狗英国領事館に来ました。ちょうど手前には高雄港が見え、大きな船が海を航行しています。

また高雄港越しには高雄85楼が見えます。港の波止場付近には釣りをしている人もいました。

動画でも撮影してみました。ちょうどビルの向こう側に飛行機が着陸するのが見えます。高雄国際空港もかなり近いことがわかります。

打狗英国領事館

こちらが打狗英国領事館です。港と非常に近い場所にあります。ちょうど建物の前にある道路を挟んで海があります。

レンガ色の建物が丘の上にあります。ちょうど、海と丘が接近している地形ですね。

こちらが丘の上の建物です。レンガ造りの建物が非常に印象的です。丘の上までは急な階段で、冬にも関わらずかなり汗をかきました。

丘の頂上からは高雄港と高雄85楼が見えます。

打狗英国領事館の詳細

打狗英国領事館の詳細は以下から。

城市商旅高雄駁二館

この日宿泊するのは愛河と高雄港から近い「城市商旅高雄駁二館」です。

部屋に内部ですがレンガ造りの壁と色々な設備にレトロ感があり、お洒落な雰囲気があります。

城市商旅高雄駁二館の詳細

城市商旅高雄駁二館の詳細はこちらから。

高雄市内の夜景

ホテルの部屋に荷物を置き、夜の高雄を歩いて見ます。
まずは、高雄LRT「真愛碼頭駅」周辺です。

こちらは愛河にかかる苓雅寮鉄橋です。時間のよって色が変わるライトアップが綺麗です。

こちらは「高雄國賓大飯店」と愛河です。いつ来てもライトアップが綺麗ですが、今回は年末ということもあり、特に綺麗です。

動画でも撮影してみました。川面から上がる噴水とライトアップが綺麗です。

こちらは五福四路天沿いにある「主教高雄教區玫瑰聖母聖殿主教座堂」です。派手さはありませんがどことなく心惹かれる雰囲気があります。

夜市がある通りの自強三路を歩いているとライトアップが綺麗な建物があります。漢来大飯店という5つ星ホテルの建物です。いつもこの通りを歩いていると、高い建物で非常に目立ちますので、ついつい気になります。いつか宿泊してみたいですね。きっと高層階の部屋でしたら高雄市内の見晴らしいがいいこと間違いなしでしょうね。

こちらが自強夜市です。

三鮮蒸餃‧鮮肉湯包

本日の夕食は三鮮蒸餃‧鮮肉湯包で食べます。

香菇肉燥飯と滷蛋。椎茸の食感が非常にいいです。肉は細かめにカットされています。

四神湯。大き目のハトムギ、そしてもつがいっぱい入っています。

鮮肉包湯。スープの多い小籠包ですね。1籠7個入りです。

噛んだ瞬間スープも出てきます。 プラスチック製のレンゲの中にはこ大量のスープです。葱風味の味付けです。

三鮮蒸餃‧鮮肉湯包の詳細

三鮮蒸餃‧鮮肉湯包の詳細は以下から。

有点氷kakigori

自強夜市から歩いて、15分程のところにある「有点氷kakigori」にやってきました。

今回注文したのは、苺有你〇辧です。イチゴが大量にのっています。台湾のこの時期はやはりイチゴですね。一番上には大量のカスタードがかかっています。店内の雰囲気も含めてお洒落スイーツ店ですね。

有点氷kakigoriの詳細

有点氷kakigoriの詳細はこちらから

ホテルに戻った後、翌朝、ホテル周辺を散策します。ちょうどホテル周辺は日本統治時代には台湾鉄工所があった場所になり、現在は歴史感のある倉庫群があります。

海の近くまで歩いて行くと、色々なオブジェがあります。高雄85楼も見えますね。

高雄LRT駁二大義駅からライトレールを乗ってみます。

これから台南に移動するのですが、途中下車して高雄85楼を見てみます。遠くから見ても目立つ建物なので、近くで見ると、より迫力がありますね。こちらの建物の中にもホテルがあるようですので、いずれは宿泊したいですね。

年末の高雄の旅行はここまでです。これから台南に向かいます。台南旅行記は次回紹介したいと思います。

クリックお願いします。