スポンサーリンク

【旅行記】「19年10月」高雄空港着から始まる台湾-高雄編」

2020年9月24日台湾旅行記, 高雄

 今回は19年10月の台湾旅行記のブログをアップしたいと思います。19年の訪台は高雄空港を利用することが多かったですが、10月に行った時も高雄空港を利用しました。台湾の南部を利用する人には、いい便かと思います。ただし帰りは朝が早いので、なかなか利用しずらいですが・・・。
 それでは詳細を紹介したいと思います。

利用航空便

行き
10月18日 日本航空(JL0811)成田空港 → 高雄空港
      18:00発
帰り
10月22日 日本航空(JL0802)桃園空港 → 成田空港
      10:00発

スケジュール

10月18日 成田空港から高雄空港着、高雄宿泊

10月19日 高雄から恒春へ移動、恒春宿泊

10月20日 恒春、恒春から台南へ移動、台南宿泊

10月21日 台南、台南から台北へ移動、台北宿泊

10月22日 桃園空港から帰国

*今回の旅行記は18日、19日の恒春への移動前までになります。

訪問場所

成田空港、高雄空港、六合観光夜市、雲端精致旅館(The Cloud Hotel)、旧高雄駅駅舎

旅行記

成田国際空港

日本からの出発は成田空港からです。成田-高雄路線で、18:00離陸です。個人的には羽田-高雄もしくは台南路線があったらいいのにと思ってます。19年はかなりJAL、ピーチ便で成田-高雄路線を利用しました。

高雄までの空路は、墾丁、恒春の上空を通過して高雄空港に到着します。恒春は風が強いので飛行機は揺れますね。台北着と違って、台湾までの到着が長く感じます。(当たり前ですが・・・。)

高雄国際空港

高雄空港に到着。桃園空港と違い手荷物検査が厳しいです。空港から外に出た頃には、台湾時間で21:30になっていました。

美麗島駅

今回は六合夜市の近くのホテルに宿泊しますので、高雄MRTで美麗島駅に来ました。高雄空港は移動に非常に便利です。日本でいうと福岡空港くらい便利かもしれません。美麗島駅に来ると、毎回、ステンドグラスの写真を撮ってしまいます。

六合観光夜市

美麗島駅を出て、六合観光夜市に来ました。ホテルはこの近くです。夜市は相変わらずにぎわっていました。

夜市には変な生物がビールを飲んでました。ちょうどブログかYou Tubeの撮影かもしれません。10月といえどもまだ高雄は暑く、この格好でいるのは大変ですね。それとも本物の生物なのか・・・。とりあえず、夜市の中に溶け込んでいました。

六合観光夜市の詳細

夜市で食べる前に、一旦、ホテルに行きチェックインをします。今回は夜市近くのThe Cloud Hotelです。

雲端精致旅館(The Cloud Hotel)の詳細

六合観光夜市

チェックイン後、すぐに夜市に行きます。こちらのお店は海鮮のお店です。高雄は海鮮の店が多いです。

10月ということもあり釈迦頭が店頭にあります。秋の果物が並んでいますね。

鐵板炒飯

こちらは外帯するときには必ず利用するお店です「鐵板炒飯」。

鉄板さばきが見事ですので、見とれてしまいます。

動画でも撮影してみましたので、大きな小手を使ってうまく炒飯を炒めるところを見てください。

こちらが外帯した炒飯です。量は多めです。卵、葱といったシンプルな具材ですが、美味しいです。また見た目は味が濃そうですが、薄味です。

蚵仔包

次にこちらの店でも外帯します。

店頭には、カキと野菜があります。

こちらが出来上がったものです。外はカリカリです。

六合夜市その他店舗

飲み物は虎紋鮮奶を頼みます。タピオカミルクティーではなく、タピオカミルクです。黒糖で大き目のタピオカです。

こちらが黒糖に浸かったタピオカです。

飲みながらホテルに戻ります。

そして、食後に手べるように大好きなカットスイカを購入します。

そしてカットされた釈迦頭も購入です。ミルキーな感じで美味しいです。

旧高雄駅駅舎

翌日、恒春へ向かいますが、高雄のバス乗り場が旧高雄駅駅舎の近くにありましたので、旧駅舎の内部に入ってみました。よくこの辺りは来ているのですが、いつも閉館中でしたので、初めて中に入ります。

こちらが入り口です。

中に入ると日本語で説明している方がいました。頼めば高雄と高雄駅の歴史を聞くことが出来ます。

こちらは2023年の高雄駅の図です。すでに高雄駅は地下化になっていますが、高雄駅周辺は大きく変わる予定のようです。旧高雄駅駅舎は元にあった場所から建物を現在の場所させましたが、将来的にはまた高雄駅の中心の場所に戻されそうですね。歴史ある駅舎と周辺の未来的な建物は、少し違和感がありそうな感じですが、実際23年に完成した時に見ると馴染んだ雰囲気になるかもしれません。楽しみですね。

旧高雄駅駅舎の詳細

恒春までのチケットを購入しましたが、初め、売り場を間違えてしまい、恒春(ヘンチュン)といったら、売り場の方に台中のチケットを渡されて焦りましたが、何とか購入できました。

こちらがチケット売り場です。バスが来るまでこちらで待ちます。

ちょうどバス売り場からは、旧高雄駅舎が見えます。

しばらく待っているとバスがやってきました。このバスに乗り込んで、恒春まで行きます。

今回の旅行記はここまでです。次回はバスに乗り込んで、車窓からの景色と恒春の街並みを紹介していきたいと思います。

クリックお願いします。